CONCEPTプログラム

programming

プログラミングコース小学2年生~中学3年生

子どもが使いやすい学習システムで、
プログラミングを学ぶ。

2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修化されます。プログラミング力は、国語や算数と同じように特別な能力というよりも基礎的な教養の一つになってきます。その影響もあり、子どもの習い事として、プログラミングの人気は高まっています。
サイエンスラボでは、オンラインプログラミングスクール大手「TechAcademy」を運営する、キラメックス株式会社からのコンテンツ提供により、プログラミングコースを開講しております。
ゲームやアニメーションづくりを通して、順序立てて考えることで論理的思考力を養い、検証や再考していく中での発見、目的や目標にたどり着いた時の達成感や成功体験を経験できます。この機会に是非、受講をご検討ください。

下記コースよりお選びください。

なぜ今プログラミングを学ぶのか?!

1

2020年のプログラミング必修化

文部科学省では、2020年度から小学校での「プログラミング教育の必修化」を発表しました。今後はプログラミングに関する知識が一般的な教養となってくると考えられます。将来、役に立つスキルとなるでしょう。

2

人工知能の発達による職業の変化

AIの発達により、10年後には「タクシーやトラックの運転手」「レジ係やホテルの受付係」などの職業が失われると言われております。しかしAIの開発や操作にはプログラミングが必要なため、需要がなくなることはないでしょう。

3

IT人材の不足

現在国内のIT人材は17.1万人不足と推計、2030年にはITエンジニアだけで78.9万人不足と予測されています。今後IT需要が高まる一方、人材供給力低下に伴い人材不足が深刻化すると言われております。

こんな力が身につく!

1

自ら考え創り出す力

プログラミングを学ぶ過程で、分析し理解する力、順序立てて考える力が身につきます。将来の自信にも繋がります。

2

柔軟で多様な思考力

プログラミングを通じて、実現したいことにたどり着くために、様々なアプローチ方法があることを学べます。

3

論理的思考力

思い通りに動かすためには、順序立てた考え方が必要です。プログラミングにより、論理的思考力を身につけていきます。

子どもが使いやすい学習システム

お子さま1人ずつのアカウントで、
個々のペースに合わせた学習をしていきます。

マサチューセッツ工科大学によって開発された、子どもでも簡単にプログラミングができるScratch(スクラッチ)というツールを採用した学習画面でゲームやアニメーションを作ります。難しいコードを書くことなく、ブロックを組み合わせることでプログラムを作ることができるため、初心者でも挫折することなく学ぶことができます。また、カリキュラムは動画で閲覧ができるので、文字が苦手なお子さまでも安心です。

お申込みはこちら

お問い合わせはこちら

0120-078-668 受付時間:11:00〜17:30
(定休日:水曜・日曜)