サイエンスラボとは

サイエンスラボの理念

「子ども」と「科学」の感動的な出会い。

日本の未来を切り開く人材育成

理科は身近なもの!役に立つよ! 今、学校では「理科離れ」が深刻な問題となっており、理科が日常生活からかけ離れた馴染みのない科目になっています。
そんな中、サイエンスラボは、科学実験を通して子どもたちが科学を身近なものだと感じ、大好きになるような教育を広げ、これからの日本を支える人材を育成したいと考えています。科学への探求心に満ちあふれ、日本の未来を自らの力で切り開く人になって欲しいという思いで子どもたちに接しています。

本物の科学教育

将来役立つ力をつけて欲しい! サイエンスラボでは、科学知識や技術の習得よりも、子どもたちの可能性を広げる教育を実践したいと考えています。サイエンスラボでの経験(発見・感動・驚き・疑問に思うこと・予想して行動すること・失敗してもあきらめずに挑戦すること)のすべてが、将来においてかけがえのないものになります。
必要と判断すれば、大学の研究室で行うような内容や実験器具も導入しています。それは、今は理解できなくても、必ず将来の役に立つという確信があるからです。

ページの先頭へ